【中級者向け】スカルクラッシャー/トライセップエクステンション正しいやり方

【中級者向け】スカルクラッシャー/トライセップエクステンション正しいやり方

こんにちは!
パーソナルジムRENAGE大分店の左甲斐です!

本日はスカルクラッシャー/トライセップエクステンションの正しいやり方と応用編について解説します!

是非ポイントを抑えてチャレンジしてみてください!

狙う筋肉

スカルクラッシャー/トライセップエクステンションで狙う筋肉は上腕三頭筋(二の腕)を狙います!
上腕三頭筋は腕の中で最も大きい筋肉になります。

上腕頭筋は名前の中に「三」数字が入っている通り、3つの筋肉で構成されています。

  • 長頭
  • 短頭(内側頭)
  • 短頭(外側頭)

上腕頭筋を鍛えるメリット

スカルクラッシャー/トライセップエクステンションを行なって上腕三頭筋を鍛えるメリット

  • 腕が逞しくなる
  • 二の腕が引き締まる
  • 他の種目も質が上がる

正しいやり方

  • EZバーを持って、ベンチに仰向けになります
  • EZバーの位置は目の上くらいになるようにします
  • 肘はなるべく動かさないように、オデコの部分におろしていきます
  • 元の位置までバーを戻します

応用編

画像のように

  • ベンチの上に足を乗せる
  • 腰が浮かないようにする
  • オデコに下ろす時に手首を猫の手のように屈曲させる

この3点を行うことで、下ろした時により上腕三頭筋にストレッチが入り強い刺激になります。
足でバランスが取れなくなるので、慣れてきたら行うようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA