低糖質の方が太る!?表記には注意しましょう!

低糖質の方が太る!?表記には注意しましょう!

こんにちは!
パーソナルジムRENAGE大分店の左甲斐です!

コンビニやスーパーで
”糖質50%オフ"
"低糖質○○"

と書かれている商品を見たことがあると思います!

”糖質50%オフ"と書かれていたら、ダイエット向きと思いますか?

実は低糖質の方が太る場合があります!
今回はそんな落とし穴について解説します!

なぜ低糖質が太るのか

実は低糖質と書かれている商品の方が普通の商品より、カロリーが高い場合があります。
この写真は1例ですが、

Aは低糖質プリンの栄養素
Bは普通のプリンの栄養素

の比較になります。

カロリー248カロリー
タンパク質2.5g
脂質22.6g
炭水化物8.6g

カロリー185カロリー
タンパク質6.6g
脂質6.6g
炭水化物24.9g

栄養素表のように、確かに炭水化物はかなり抑えられていることが分かりますが、
カロリーはAの低糖質プリンは普通のプリンよりカロリーが63カロリーも高くなっています。

カロリーが高くなる原因

カロリーが高くなる原因は脂質です。

上記の画像のように、脂質の1gのカロリーは9カロリーとタンパク質・炭水化物の2倍あります。

タンパク質、炭水化物が低くても脂質が多いとカロリーは高くなるので注意しましょう!
購入する際は、しっかりと成分表を確認して購入するようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA