有酸素運動と無酸素運動について

有酸素運動と無酸素運動の違いについて

こんにちは!
パーソナルトレーニングRENAGE大分店の左甲斐です!

皆さんは有酸素運動と無酸素運動の違いをご存知でしょうか?
ダイエットにはどちらの方が効果的だと思いますか?


本日は有酸素運動と無酸素運動の違いと、どちらの方がボディーメイクに向いているのかを解説していきます。

有酸素運動

有酸素運動の方が馴染み深く、痩せるなら有酸素イメージの方が強いと思います。

有酸素運動とは軽~中程度の負荷を継続的にかけ、酸素を取り込みながら行う運動のことです

  • ウォーキング
  • ランニング
  • 水泳
  • サイクリング

などの軽い運動になります。

無酸素運動

無酸素運動は有酸素運動と逆に酸素を必要としない運動になります。

体の中の酸素を使わずに糖質等を使う運動を無酸素運動と言います。
短い時間に大きな力を発揮する強度の高い運動を指します。

  • 短距離走
  • ウエイトトレーニング

などが当てはまります。

違いについて

有酸素運動

有酸素運動は筋肉を付ける運動ではありません。やりすぎると脂肪と一緒に筋肉も落ちてしまいます。
体重は減るかもしれませんが、筋肉が落ちると基礎代謝も落ちて太りやすい体になってしまいます。

一時的に体重の数値が減るのが有酸素運動です。

無酸素運動

無酸素運動は、ウエイトトレーニングなどで体に適度な負荷を与えて筋肉をつけます。
筋肉を付けることによって体のメリハリが出て、基礎代謝が上り食べても太りにくい体になります。

体重の数値を落としたいのではなく、見た目を改善して、食べても太りにくい体を目指すなら無酸素運動です。

オススメ

無酸素運動です!
筋肉をつけて体の基礎を作っていきましょう!
将来のことを考えると筋肉はとても大切になります。
基礎作りは難しいですが、筋肉は何歳でも誰でも必ずつきます!

もちろん有酸素運動も脂肪燃焼には効果的なので、有酸素運動と無酸素運動をいいバランスで取り入れれるといいと思います。

バランスや、取り入れ方についてもRENAGEならアドバイスが可能です。
是非無料カウンセリングにお越しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA