筋肉はどうやって付くの?筋トレ初心者向け

筋肉とは

そもそも筋肉とは、伸びたり縮んだり、からだを動かす役割があります。

筋肉は、からだのさまざまな器官を動かすはたらきをしています。

また筋肉は、たくさんの筋繊維(きんせんい)という繊維でできています。筋繊維の種類によって、筋肉は骨格筋平かつ筋心筋の3つに大きく分けられます。働きもそれぞれ変わってきます。毎日心臓を動かしているのも筋肉になります。

筋肉がつくメカニズム

なぜ筋トレをしたら筋肉が付くのか?

筋トレで筋肉を傷付けて、筋肉が修復しようとそこに栄養をたくさん運びます。それにより、筋トレをする前の筋肉より大きくなっていくメカニズムになります。

中外製薬さん

筋肉は年齢と共に衰える?

筋肉は年齢と共に落ちていきます。

画像のように30代から徐々に筋肉は落ちてきます。
筋肉が落ちることによって、基礎代謝も落ちてしまい太りやすい体にもなってしまいます。
また、筋肉が落ちることによって自分の体を動かすのも面倒になり運動をしなくなり、活動代謝も落ちて悪循環になります。

小さい頃、若い頃は食べても太りにくかったのは、筋肉も多く、良く運動して活動代謝をあげていたのも大きな理由だと思います。

ですが・・・

筋肉は何歳からでも付けることが可能です!

若い頃に比べると、同じ運動をしても、筋肉となる率は落ちていますが、80歳でも90歳でも!何歳から始めても、必ず筋肉はつけることができます。迷っている間にも、なにもしていないと、筋力は落ちていきますから、思い立った時に、ぜひ、始めてみましょう。

再春館製薬所 薬剤師
中居寛(なかい・ゆたか)

画像の結果通り、60歳〜でも筋肉の成長は可能です。3ヶ月継続すると結果も出やすくなります。

筋肉を付けて理想のスタイル

筋肉をつけると体が引き締まって、スタイルの向上にも繋がります。


なぜ筋肉は体が引き締まって見えるのか?
筋肉はハリがあるので、重力に逆らい持ち上げる力がありヒップアップなどの効果が期待できます。
筋肉が低下すると、重力も影響しお尻などが下がってきてしまいます。

筋肉をつけることによってメリハリの体になることができます。

また、筋肉をつけると基礎代謝も向上するので、食べても太りにくい体になることができます。
健康の為にも若いうちから筋肉を付けて、将来の投資をしましょう!

"人生今日が一番若い日です"

更に詳しい筋肉の説明や、効率良く筋肉をつける方法は無料カウンセリングで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA