体重が減らなくなったらチートデイ

チートデイ 

チートデイという言葉を聞いたこがある人は多いのではないでしょうか?

しかし

  • チートデイって何?
  • どんな効果があるの?
  • どのタイミングで何をすればいい?

詳しく分からない方が多いと思います。

本日はチートデイに付いて解説していきます。

チートデイを知ることで、体重の停滞期を打破することができます。

チートデイとは

チートデイとは体重の減りが悪い時・停滞期に使うテクニックの1つです。

ダイエットをすると、あるタイミングで必ず停滞期(いい食事なのに体重が減らない)がやってきます。

停滞期が来る原因は代謝が落ちてしまったり、減量に体が慣れてしまうのが原因として考えられます。

その停滞期の際に好きなものをいっぱい食べるのが、チートデイです。

※チートとは騙す・ズルをするなどの意味があります。

チートデイの効果

チートデイの効果としては

  • 落ちた代謝をあげることができる
  • 普段食べないものが入ってきて体が騙され、脂肪を燃焼してくれる
  • 気分転換になる/ストレスの緩和

チートデイのタイミング

チートデイのタイミングの目安は

  • 停滞期に入って、体重が落ちにくくなったなと感じた時

これが一番チートデイをする人が多いタイミングかと思います。1週間いい食事なのに体重の減りが悪い時にチートデイを入れることによって、体が騙されて脂肪燃焼が活発になります。

  • トレーニングや体を動かすのがキツくなった時

筋グリコーゲンや肝グリコーゲンが減っている可能性があります。チートデイで普段より多めの糖質を入れることによって、エネルギーが蓄えられます。

  • 普段よりも体温が低い

    平熱よりも0.2~0.3度体温が落ちている場合は、基礎代謝が減っている可能性があります。
    チートデイを入れることによって、基礎代謝が戻ることがあります。

  • 減量が疲れて、気分転換したい時

    減量はキツイので、好きなもを食べれないのがストレスになり、ストレスが原因で体重が落ちない可能性もあります。
    ストレス解消するためにもチートデイは有効です。

チートデイやり方・注意点

チートデイは基本的に好きなものを気にせず食べるのがいいです。

体重増加が怖い方は、普段食べてる物の量を増やしたり、お寿司・ステーキなどを選べるといいと思います。

【注意点】

・チートデイで控えめに食べてしまうと逆効果なので、食べるなら思いっきり食べましょう!

気分転換にもなるのでダイエットのことは忘れて楽しみながら食べましょう!

・チートデイも回数が多くなっても意味はないので、しっかり自分でルールを決めて入れるようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA